toggle
2013-04-13

反射

20130413_2

絵の色について、久しぶりにめざすところが明確になってきました。

反射。
影の中にあるものは光があたっていないのではなく、直接光源の光にあたっていないので、反射光や周囲の光に照らされています。
反射率が高いものは、空など明るい像をかなりはっきりと鏡面状に写します。
水面に「色」はありません。見えるのは(色はみんなそうだけど)青以外の波長が吸収されていくのでその結果として青みがかった水中の色と空の反射、太陽の反射、周囲の影の映り込みです。

キャラクター。
キャラクターを通して見ているのは、キャラクターの周辺の世界。背景が書かれているかどうかは関係ありません。キャラクターは周囲の世界を「反射」しているから。もちろん色という意味だけではなくて、表情も行動も全て周囲に働きかける「反射」。
それを見る人もその反射した世界の中にいます。

そういう関係性が平面上に映し出せればいい。
目に飛び込んできた映像を心に次つぎと投影していく、ぼくらはみなそういう鏡なのです。
はっきりした形や境界線もない、次々色と形を変える鏡の中の映像。
それがその時その時で移ろうイラストの本質でもあるんじゃないかな。

ヒュプノス後編はあと10p!
漫画なので一番大事なのは絵ではなく言葉です。目指すところははっきりとしています。

言葉足らずな記事なのはとても時間がないからです。
同人誌委託や先のイベントの総括、申し訳ありませんが告知できるのは来週になりそうです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。