toggle
2013-03-01

1日目終了、ありがとうございました。

作画公開1日目が終了、ありがとうございました!

 

 

今日は一番制作が進んでいるクロートーの絵(「Spinning Wheel」)を一日塗っていましたが、明日はラケシスの絵(「Weaver」)をほぼ真っ白に近い状態から製作します。

なおヒュプノスの絵(「Enter Night」)はまだかなり手を入れなくてはいけません。

会場の画像はアールジュネスさんの方でなにか制作するようなのでそちらを参照してください。

絵の様子は、明日写真を撮る機会があればお伝えできると思います。

___________________________________

絵自体ではなくモチーフの話ですが、「ナイトウィング」は去年制作した版画と直接的な関係があります。

例えば漫画版マジカルブリッツでやりたかったのは青年誌的な酷薄な描写でした。ですが、どうしてもキャラをいじめ抜き笑い飛ばすメンタリティーにはなれない部分があって、かなり苦慮したのは事実です。

他人の死をあっさりと笑い飛ばしてこそのエンタメなのだけど(それがなかったらRPGもシューティングも、ゲームの大半は大量殺戮ゲームだし、友情パワーで敵をブッ倒して勝利!のジャンプ法則も成り立たなくなる)、その感性と今まで描いてきたキャラクター像が相容れないのです。

僕らはみんな、見方によっては勝者だし、逆に正義を称する強者に負かされる敗者でもあります。自分にとって、生と死の狭間には誰にとっても救いになる無邪気でロマンチックな空想がどうしても必要でした。

去年の版画もナイトウィングも「狭間に立つ少女」というモチーフは共通です。

___________________________________

なお今回のイベント、実験的イベントなので、当初の話よりごく小さくやらせていただいています。絵自体も特に悲愴さはありません。ヒュプノスたちはふんじゃかたちでもあるので、今回はどれも無邪気です。

次回イベントがあればこれまでの1年以上の準備が実るようなものにしたいと思っています。

関連記事

コメント2件

  • HN.ラリーゴ より:

    3月1日の17時半頃からですが拝見させてもらいました
    こういう作業風景を見るのは初めてなのでとても新鮮でした。
    また3日の昼過ぎ辺りにシスプリ仲間を連れて見に行こうと思います。

    ジュネス内で販売してた同人誌の感想はこちらでいいのかな?···
    めっちゃ続きが読みたいです
    早く5月5日にならないかなぁ

    • tenhiro naoto より:

      イベントに来ていただいてありがとうございます。
      プリント看板が氾濫する秋葉原ですが、「そういえば絵って人が手と腕を使って時間をかけて書いてるんだっけ」、ということを感じてもらえると嬉しいです。

      「Night Wing Ep.00」の感想ありがとうございます。
      「全く無視されても構わない」という覚悟で始めたシリアスな内容の本ですが、読者からは多少なりとも好意的な意見をいただけて励みになります。
      5月のコミティア104には「ヒュプノス」後編を間に合わせたいと思っていますので、よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。